MENU

クルクミンの作用とは?

クルクミンは、カレーのスパイス使われる黄い色をしたターメリックのことです。抗腫瘍作用や抗酸化作用、抗炎症作用などの効能があると言われインドでは薬草としても使われたそうです。

 

カレーを多く食べるインドでは、アルツハイマー病患が他の国より少ないという免疫学研究があるそうです。

 

またマウスを使って実験した結果、クルクミンを与えたマウスはアルツハイマー特徴である、脳の老人班の割合が減少したとと言う結果がでたと言う報告があります。

 

以上の結果からアルツハイマーの予防につながると期待されています。コンにの種類には、秋ウコン・春ウコン・紫ウコン・クスリウコンがあり、これらは種もクルクミンの含有量も違います。

 

クルクミンが一番多いのはゲンキウコンの原料でもあるクスリウコンで秋ウコンの17倍ものクルクミンが含まれています。産地によってもクルクミンの含有量は違ってきます。ウコンの産地は温暖な地域で栽培され、日本では鹿児島や沖縄が産地として有名です、海外ではインドやインドネシアがウコンの産地としては有名です。

 

 

クルクミンの作用のまとめ!

(肝機能を高める)
クルクミンは、肝臓の解毒作用や胆汁の分泌を促進する作用を持っています。胆汁の分泌が盛んになると材料のコレステロールが消費され、脂肪の消化吸収がよくなります。クルクミンは肝臓の解毒作用を促進するため、お酒を飲む人はサプリメントで摂る人が多くなりました。

 

アルコールを摂取すると体内でアセトアルデヒドに変わり、二日酔いや顔が赤くなったりします。このアセトアルデヒドはアセトアルデヒド脱水素酵素(ALDH)によって」分解されます。

 

(ALDH)の少ない人はお酒に弱く、多い人は強いと言われてまう。クルクミンを摂ることで(ALDH)を増やすことは出来ないけど、肝臓の働きを良くして二日酔いを軽くすることは可能かもしれませんね?

 

(抗酸化作用)
クルクミンは、かなり強力な抗酸化作用がありその作用はビタミンEの10倍です!体内にてテトラヒドロクルクミンへという物質に変わることでより強い抗酸化作用を発揮します。

 

 

このページの先頭へ